2014年8月5日火曜日

Ciao semplicemente ciao

Come un pittore
Stupenda... sto ascoltando la bella canzone... mi piace moltissimo :)
Carissima Giusi, ti ringrazio per averci presentato...
Ciao, semplicemente ciao...

Modà - Come un Pittore -

Modà - Come un pittore (con testo) -
Modà - Come un pittore -
- 画家のように -

イタリアのカンツォーネです。
言葉はいりません…ただ聴いてみて :)

2014年7月24日木曜日

Practice of making Bobbin lace and Tatting lace Necklace with Baroque Pearl and Beads

La pratica del Merletto a tombolo
e
Collana pizzo chiacchierino con Perla Barocco e Perline
La pratica del Merletto a tombolo
ボビンレースはまだまだ目が不揃い。
今どこにいるのか追って行くのが精一杯で
目の綺麗さを気にする余裕がない…
均一に組める日は来るのかしらん?!
Collana pizzo chiacchierino con Perla Barocco e MIYUKI Perline
バロックパールとMIYUKIグラスビーズのネックレス
Tatted lace Necklace with Swarovski elements #5000
and
Tatted lace Necklace with Swarovski Round Pearls #5810
スワロフスキー #5000 と #5810 で2種類のネックレスを作成
最初と最後のタティング部分を簡素化
参考図書:「タティングレース 花」


兵­庫県朝来(あさご)市 立雲峡の竹田城跡展望台入り口
立雲峡から見た「竹田城跡」
一路 鳥取へ
お世話になった山紫苑 中庭
鳥取行きにあたり、ルートを調べていたら、
なんと、雲海に浮かぶ天空の城「竹田城跡」がすぐ近くだと判明!
こりゃ寄らなきゃそんと、撮影ポイントの立雲峡に寄り道。
目指すは第一展望台。
20分前までの土砂降りの雨が嘘のよう。
残念ながら雲海は見られなかったけれど、
その美しい全容を堪能してきた。
虎が臥しているように見える事から、
虎臥(とらふす)城とも呼ばれるそうな。
築城の資材をあの頂上まで人力で運び上げたのかと思うと、
昔の人は、つくづくすごいなぁと…

2014年5月21日水曜日

Tatting lace Necklace Mimosa

Collana Mimosa a Chiacchierino con Beads di vetro
Mimosa Tutorial
1. 3 shuttles, 3 threads, beads2. Ch 10ds (2nd half, 1st half)
Do not transfer
** Wind two threads
 around the little finger twice
** 2nd half don't transfer** 1st half don't transfer** 1ds don't transfer
2-1. Ch 10ds (2nd half, 1st half)
Do not transfer
3. RW4. R 8ds p 8ds Clr
4-1. R 8ds bead 8ds, 8ds p 8ds5. N.B. Green thread6. Ch 10ds (2nd half, 1st half)
Do not transfer
7. RW8. R 8ds...8-1. R 8ds ...
8-2. R 8ds j ...8-3. R 8ds j 8ds9. R 8ds bead 8ds, 8ds p 8ds
10. Ch 10ds (2nd half, 1st half)
Do not transfer
11. RW12. R 8ds j ...
12-1. R 8ds j 8ds13. R 8ds j 8ds14. R Final 8ds j (first p) 8ds t&c
R = リング (Ring)
RW = リバース・ワーク (Reverse work)
Ch = チェーン (Chain)
ds = 一目 (Double stitch)
p = ピコ (Picot)
j = ジョイン (Join)
clr = クローズ・リング (Close ring)
t&c = 糸始末 (tie&cut)
2nd half = 裏目
1st half = 表目
Do not transfer = 目を移さない

Pattern - Tatting lace Necklace Mimosa
Schema Mimosa : パターン タティングレース ミモザ

ミモザをイメージした3色使いの タティング ネックレス
糸 Lizbeth Size40 3色
特小ビーズ
シャトル 3つ
レース針 12号

※小指に巻く2色の糸は、長さを揃えておくと絡みにくい。
※チェーンの次はリバース・ワーク。
※茎(チェーン)を中心に3色のリングが螺旋を描く。

好みの長さに作って、最後のリングを最初のピコに繋ぐ。
※3色1パターンとして奇数回で終了すると螺旋の整合性が取れる。
(上のパターン図は紙面の都合上2回で終了)
同じ色同士の糸を結んで糸始末する。

会津巡り 4月
徳利
大内宿布の花藍染め暖簾
南仙院そば粉の天ぷらまんじゅう茅葺屋根の修復
ブリティッシュ・ヒルズ三春滝桜 樹齢千年福満虚空蔵尊圓蔵寺
(ふくまんこくぞうそんえんぞうじ)

お気に入りグッズ
麻のツバ広帽子紬の小銭入れ
帽子はCat time、がま口はet*ceteraの手造り!
帽子はワガママ聞いてもらったテーラーメイド。
ツバ広で軽いから、山でも街でも大活躍中!

前から欲しかった、がま口はフリマでチョイス!
丁寧な作りはもちろんのこと、生地が素敵!
どっちも、とっても重宝だよ♪

2014年4月4日金曜日

Tattied Lace Necklace with beads and Crochet Lace Daisy Hair Pin with beads

Collana realizzata a Chiacchierino con Perline Rocailles e la margherita con perline
タッティングとビーズのネックレス クロッシェとビーズの花ヘアピン
ネックレス
シャトル:2個
糸:DMC 50 ECRU
ビーズ:TOHO 特小スリーカットビーズ 外径約1.6mm

ヘアピン
レース針:12号
糸:DMC 80
ビーズ:TOHO 特小ビーズ 外径約1.5mm

3月8日 妙高杉ノ原スキー場
妙高杉ノ原スキー場 キッズエリア
感激!!全面パウダースノーだぁぁぁぁぁ!!!!

3月22日 またまた妙高杉ノ原スキー場
妙高杉ノ原スキー場 シンボルツリー シナノ木
妙高杉ノ原スキー場 名物マリオンクレープ チョコとアーモンド
本日、リフト1日券とクレープ、それにクレープ50円引き券が付いた
女性限定クーポン 3,300円なり

3月23日 城下町村上 町屋の人形さま巡り
城下町村上 町屋の人形さま巡り 「うおや」のかぐや姫
かぐや姫と貝合わせ
急ぎ足で、見逃していた「かぐや姫」に会って来た。

3月29日 お初です!赤倉観光リゾートスキー場
赤倉観光リゾートスキー場
暑さと春のザレ雪に参った!
お昼にアイスクリームとジンジャーエールを飲んだ後、ゲレンデで寝てました(笑
この日、不完全燃焼だったので、翌日山登り。

3月30日 角田山なのに、レベル3.5?! 標高481.7m

角田山 宮前登山口
角田山 雪割草
角田山 アズマイチゲ?
角田山 カタクリ
雨の中、お花見に角田山へ。
昨日、雪割草の大群落発見!メールをくれた山友が、
案内してくれるそうな。
こりゃ、行かなきゃそんそん♪
登りは宮前コース。
雨降りだし、レアなコースだからかな、
駐車場には車は一台もなかった。

雨で花は半閉じだけど、
なるほど!カタクリも雪割草も今が真っ盛り!!

下山コースは、☓☓☓☓☓へ。
カタクリと雪割草が群生していて、まるで夢のよう♪
けれど途中から、すごい急斜面!
軽アイゼンを付けても、滑る滑る!!
もう、お花を楽しむ余裕なんて無い。
一応コース名もちゃんとあるし、
途中「山頂まで1時間50分 とにかく あるけ」って
張り紙もあるくらいだから、
れっきとした登山道だよね。
なかなか危ないルートだわ。
ロープ頼みな場所、2箇所。
雨が追い打ちをかける。
鎖場って言っていいくらい。

人一人がやっと通れるほどの狭いトラバースで、
つかまった草がブチッと切れて、尻餅。
あぶねぇ~!
滑落要注意!!!
つかまる小枝は、引っ張って確かめながら降りてきたのに、
いざって時に草しかなかったし(笑

インディー・ジョーンズの、あの名曲が頭の中を駆け巡る。
タッタラッター、タッタラー♪♪♪
大変だけど、結構楽しんでいる私がいる。
冒険じゃーっ!

登りと下りを逆にすべきだったんじゃね~と、笑い合いながら、
ようやく登山口まで下りて来た。
ここが、このルートの登山口かぁ。。。
この入り口を最初に見つけるのは、至難の業。
下って分かるか、連れて行ってもらわなきゃ無理。
でも、、できれば見つからないでいて☆彡

侮る無かれ、角田山。
多彩な顔を持っている。
下山後、セブンのコーヒーで乾杯!
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...